結婚指輪と婚約指輪

指輪を選ぶときのこつ

結婚指輪は、婚約指輪と違い、大きめの宝石が入っていないシンプルなデザインのものが好まれます。 結婚指輪は、日常生活の中で長い年月使用するものです。 そのため素材としては、変形しにくいプラチナが比較的多く選ばれます。 プラチナはゴールドに比べ高価になりますが、硬度が高く傷がつきにくいという特徴があります。金属アレルギーを起こしにくい点も選ばれる理由のひとつです。 近年は経済状況の変化により、婚約指輪と結婚指輪を区別せず、ひとつで兼用する流れもあります。 デザイン面では細身の結婚指輪も流行ってきています。 こちらは結婚指輪をはめた時の見た目の良さに加え、使用する金属が少ないため、価格が抑えられるという利点があります。 今後もこの流れは続くと考えられます。

結婚指輪を購入する際には、事前によく話し合っておくことが大切です。いきなり宝石店に行くと、商品の多さから迷ってしまいます。 価格帯や購入したいブランドなどが決まったら、カタログなどで欲しい結婚指輪のイメージを固めておくと失敗がありません。 また、指輪の購入は女性側が選択の主導権を握りがちです。 しかし結婚指輪に関しては、男性側の意見を取り入れることが大切です。共に長く使うものですので、両者が気に入った指輪を選びたいものです。 結婚指輪を購入するときに、意外に忘れがちなのが指のサイズの変化です。指の太さは、季節や時間帯によりむくんでいたり細くなっていたりします。 多いときには1号ほどサイズに違いが出ますので、その点考慮して 指輪を選んで下さい。